逆転裁判 蘇る逆転

Nintendo DS初の『逆転裁判』とはいえ、シナリオ全5話中の4話はゲームボーイアドバンス版『逆転裁判』まんま。いくらビジュアルや効果音がNDS用にリニューアルされていても、結局は‥‥なんて思っていたことは認めます。

けれども、久々にプレイする初代は(かなり)すっかりシナリオや謎も忘れていたので、いい意味で(それなりに)ドキドキしながらプレイすることができました。Nintendo DSらしく、タッチパネルで文字送りができるようになっているので、左手だけでNDS本体を持ちながら文字送りができるのも、通勤中プレイが中心となっていた私にはうれしい限り。

NDSらしく、3DCGを使った証拠品の調査、タッチパネルを使った現場検証、マイクを使った捜査などを入れている程度だったら、NDS『アナザーコード』でもやっている話なので、目新しいわけではありません。でも、技術云々よりも、「動画の中のあるポイントで矛盾を示せ」という証拠の立証は正直楽しかったですし、ボリュームも相当なもの。ヘタをすると、第1~4話の総プレイ時間に匹敵するくらい、第5話が長かったかもしれません(回答を知らなかった分もあるんでしょうが)。

GBA版をプレイしたことがある人でも十分にもう一度遊べるタイトルになっているくらいですし、GBA版を未プレイの人であれば自信を持ってお勧めできます。このソフトを店頭で見つけたのにスルーしようとしたら、「異議あり!」って叫んじゃいますよ(笑