メタルマックス2Rは変わっていますが大好きなRPGです

DSのRPGは最盛期でも様々なものがありますが、中でも個人的に発掘品だったのがメタルマックス2Rですね。
メタルマックスと言う名前は聞いたことがないという人も少なくないのかもしれませんし、メジャーでは決してないのですが本家シリーズ一作目のキャッチコピーが「龍退治にはもう飽きた」というものであり、そのコピー通りというか本シリーズは戦車に乗って冒険をするのが毎作品の共通項となっています。
当然人間でも戦えるのですが、やはり戦車に乗ると圧倒的に強くて爽快になるのが癖になるんですね。
そして世界観なのですがファンタジー世界ではなく、いわゆる北斗の拳みたいな世紀末ヒャッハーな舞台を、自身がハンターとなり自由気ままに生きていくというのも、王道の勇者ファンタジーとは違った雰囲気なのも大好きです。
このメタルマックスシリーズの最大の肝としては、自分が乗る戦車やバイクが様々に手に入れられて、さらには車体から武器、そしてカラーリングまで自由にカスタマイズ出来るというのが本当に良いシステムになっていますね。
弾幕をばらまいたりするのもよし、大砲一本で荒野を走るのもよしという自由な戦車カスタマイズと世界観がとても大好きで定期的にまたプレイしたくなる作品ですね。