DSも買取してもらおうかな

断捨離という言葉が有名になってどれくらいたつのだろう。 周りの人も普通に使うようになっています。 以前は片付けというのが一般的だったのが、雑誌にも断捨離という言葉が飛び交っています。そして今は、ミニマリストという言葉が出てきてます。そんなお片づの習慣が今までつかなかったのに、最近片付けが気持ちよく、同じ場所にものがないと落ち着かなくなってきました。人は変われるものですね。 片付けをすると、何か良いことがあるのか? 良いこと! その1 単純に気持ちが良いのです。掃除も気持ちが良いのですが、片付けはそれとはま... Read More

『セブンスドラゴン』

いわゆるドラクエのようなRPGで昔からある典型的なRPGです。 7つある職業のキャラクターの中から4人以下の人数で一つのパーティーを組み、 世界を滅ぼそうとする777匹のドラゴンを討伐することが目的です。 レベルを上げるとステータスが伸びるほかにスキルポイントが貯まり、それをスキルツリーに割り振り技能を修得することで成長していくシステムです。 主人公と言えるキャラは存在せずにプレイヤーは作ったギルドを操作する形になっています。 そのため、ギルド構成員は喋りません。終始無口です。いいように使われて、いらなく... Read More

『ファンタシースター ZERO』

神ゲーの資質十分の良ゲー。 以前のシリーズで言うならPSUよりもPSOにほど近い、 それでいてうまく両作品が融合された新しいかたち。 まず戦闘システムから言えば、 PSUのように軽すぎず、簡単すぎず、 連打で連続攻撃がでないことがいい難易度を醸し出しています。 新登場の緊急回避もいいアクセントとなっているといっていいでしょう。 DSというハードの制約によるグラフィックの粗さは仕方がないにせよ、 操作が難しいという点は、うまくPSUのシステム「ロックオン」を取り入れて解決しているように思えます。 また、画面... Read More

『世界樹の迷宮III 星海の来訪者』

アトラスが放つ王道クラシックRPG第三弾。 シリーズ物伝統の「三本目は鬼門」のジンクスは果たして? 個人的には、非常に満足のいく完成度で楽しめました。 まずは、世界樹シリーズの特徴でもある雰囲気と難易度。 あくまでプレイヤー主導のゲーム構成は今回も健在です。 キャラクターの職業一新や、サブ職等で遊びの幅も増えました。 また、細かな点がユーザーフレンドリーな仕様なのも好印象です。 三種のマルチエンディングは、昔の真女神転生を彷彿とさせますね。 次にストーリーですが、お約束を踏まえた危なげない無難な印象。 し... Read More

『幻想水滸伝ティアクライス』

同じ世界観でも。同じシステムでも。シナリオを書いた人間の腕次第で、こうも内容が違うものになるとは。 今回の作品では、歴代の作品とは違うシナリオが楽しめます。つまり、世界の根源をなすエネルギー「紋章」を巡るシリーズ恒例の大河戦記ファンタジーとしてのシナリオではありません。超健全な青少年向け成長ストーリーが展開されていながら、色々とツボは押さえていてくれましたな。 閨房と外戚の争いで、グチャグチャに乱れている帝国の様子を丁寧に描写していたり、それに巻き込まれる弱者の悲劇を丁寧に説明したり、運命論を絶対視する団... Read More

コムショップのゲーム買取

『コムショップ』というお店でゲームのネット買取サービスを利用した時のことについて書いてみようと思います。 『コムショップ』はTVゲームなどの販売・買取を行っているネットショップで、他にPCゲームやDVD・ブルーレイソフトなども扱っています。 普段はコムショップではゲームを買ったりすることは多いのですが、買取サービスを利用することはあまりなく基本的に別のお店でネット買取をすることが多いです。 ある日、遊び終わったTVゲーム数本を売ろうと思った時にそういえばもう見ないDVDとかもう遊ばないであろうPCゲームな... Read More

『ヘラクレスの栄光 ~魂の証明~』

ギリシャ神話の世界を舞台に、複雑な人間模様が絡み合いながら、巨大な陰謀に立ち向かっていくRPG。いやはや、DSのゲームでも、作り手の腕次第で良い物が出来るのだなと、実感させられた作品でした。わかりやすいように、部門別に評価してみましょう。 『ヘラクレスの栄光 ~魂の証明~』 ・戦闘 戦略性、戦術性ともに高く、面白い。時間がかかるのが難点だが、工夫がもろに生きてくる作りはすばらしい。しかも飽きが来ない工夫がシナリオレベルでなされていて、敵も基本的に強いため、緊張感がすばらしい。 ただ、レベルアップの時の能力... Read More

『ダン←ダム』

ダムをマネジメントしながら、街を守るという異色のシミュレーションRPG。なかなかの意欲作でした。 ダムの周囲にしがみつくようにして栄えている小さな街に、ある日突然地下から無数の魔物が押し寄せる。主人公は街の顔役の息子として、周囲の仲間と共に、魔物の撃退に四苦八苦する。というのがこの作品の基本的なストーリーとなります。 柔らかめの絵柄に対して、実際のゲーム内容は、ストーリー面でもシステム面でも結構辛口。ストーリー面では様々な軋轢が生々しく書かれており、人種間での対立もかなり深刻。(人の良い人物が、人種の壁に... Read More

『無限航路』

宇宙を題材にしたRPGです。ハードな世界観の中で、アウトローな立場に立った主人公が、巨大な帝国や、世界の謎に挑戦していく内容になっています。 全体的なシビアな展開が続く作品で、キャプテンハーロックなどの松本作品に、銀河英雄伝説などの田中作品を足したような雰囲気です。 総括的にレビューをしてみますと。 ・戦艦のカスタマイズがとにかく楽しい。基本的に万能戦艦は存在しないので、欠点と長所を見比べながら、お財布とも相談しつつ、戦艦を造っていくことになる。 ・シンプルなシステムながら戦術が実に楽しい。特に序盤から中... Read More

『サガ2 秘宝伝説 GODDES OF DESTINY』

秘宝と呼ばれる謎のアイテムを巡り、熾烈な争いが繰り広げられる世界での冒険を描くRPG。 ゲームボーイで発売されたRPGとしては、屈指の名作であった原作を、DSで大胆にリメイクした作品です。この作品では、登場人物ごとに口調を替えたり、大胆な連携を取り入れてみたりと、システム面が大幅に充実。名作のリメイクとして恥ずかしくない出来に仕上がっています。 ざっと気になったところをレビューしてみますと。 ☆終盤の展開について 単調きわまりなかった最下層の構造が、単調とはいえそれなりに面白くなっており(敵がよけづらいの... Read More